<< 前のページ次のページ >>

院長・川村正英の


腰椎椎間板ヘルニアに根本的な治療は必要か? 2019年6月4日

 腰椎椎間板ヘルニアで腰痛や下肢痛がある場合に薬やリハビリを勧めると「根本的な治療にならないので必要ない」とおっしゃる患者さんが時においでになります。ヘルニアがなくならないと問題解決にならないと考えるのももっともですが、直ちにヘルニアを除去するためには基本的には手術しかありません。
  よほどひどいヘルニアではなく、下肢の筋力低下や膀胱の機能異常が生じてない場合は手術が必要になることは少ないです。その場合には薬物療法やリハビリなどを行いますが、いったん痛みが軽快すれば薬を徐々に減らしていき、服用を終了しても疼痛が再燃しないケースも少なくありません。切除しなかったヘルニアは吸収され消失していく場合もありますが、残存する場合は弱点として残りますので、腰痛体操を続け体幹筋力の増強を図ります。
  たとえヘルニアを手術で切除しても再発する場合や他の椎間板で新たなヘルニアが発症する場合もありますので、腰椎椎間板ヘルニアがあれば全例に手術を行うというわけではありません。
 
<< 前のページ次のページ >>